不動産投資とは?

 

不動産オーナーとなる

不動産投資ときくと、どのようなイメージを持つでしょうか?

マンションやアパートなどの賃貸物件を所有し、それを人に貸したり、あるいは転売することによって利益を得る不動産投資は、物件を所有するための膨大な資金や、景気の流れをつかむセンスのようなものが必要で、一般の人にはちょっと手が出しにくいもの…というイメージを持つ人も多いかもしれません。

手に入れた不動産を自身が所有し、それを他人に貸して得られる賃料によって得られる利益は「インカムゲイン」と呼ばれ、手に入れた不動産そのものをまた別の人に売る=転売することによって得られる利益を「キャピタルゲイン」と呼びますが、現在主流となっている不動産投資といえばリスクの大きさの違いなどもあってインカムゲインを目的としたものがほとんどであるようです。

具体的にどのようなことかというと、自身の「資産」として不動産物件を選び、自身はその不動産のオーナーとなって利用者からの定期的な賃料によって物件購入に投じた資金を回収、やがて収入へとつなげていくという考え方になります。

    

 

 

人気の不動産投資

 

不動産投資は最近特に注目を浴びている投資方法ですが、投資といえば、不動産投資ばかりでなく、株式や債権、外貨、FXなどなどさまざまな種類があります。
その中でもなぜ不動産投資がこんなにも注目を集めているのでしょうか。

それは、不動産投資が他の投資に比べると、安定的な収入が得られるというメリットがあげられます。株や債権の取引は、うまくいけば大きな収入を得ることができますが、その分リスクが高いというデメリットがつきまといます。

不動産投資にももちろんリスクはないわけではありませんが、多くの人に魅力を感じてもらえるような良い物件を手に入れることができれば、定期的に賃料が入るわけですし、株のようにしょっちゅう値動きを気にしている必要もありません。

また、税金対策や相続対策として不動産投資を考える人も少なくありません。